オフセット印刷は小ロットの1万枚以下にも対応

オフセット印刷とは?


印刷の方法には、オフセット印刷とオンデマンド印刷があります。オフセット印刷とは、顔料油性インクにより版を用いて印刷する方法です。一度版に塗られたインクを転写することを「オフ」その後紙に印刷することを「セット」と言い、一連の流れを称してオフセット印刷と言います。インクが紙に密着することにより印刷の仕上がりの品質が高く、基本的に大量に印刷する場合にコストを抑えることが可能となります。一方のオンデマンド印刷というものは、製版の工程がないため、納期の短縮が可能となりますが、モアレが出やすい点に注意が必要です。なおこちらは大量に印刷するほどコストが割高になります。急な印刷が必要な場合や少部数の場合に便利です。

小ロットではオフセット印刷はできないの?


大量に印刷する場合にコストが割安になるオフセット印刷ですが、必ずしも小ロットだと印刷できないということはありません。納期の速さやコストの安さではなく綺麗さやクオリティを重視する場合はオフセット印刷が選択肢に上がってくると思います。少部数の場合では、一部からでも印刷が可能なオンデマンド印刷を薦められることが多くあるかと思いますが、印刷の綺麗さからオフセット印刷を選択したい場合などもあるでしょう。また紙質の選択肢もオフセット印刷の方が広く選べます。コストは少々かかりますが、一万枚以下の少部数でもオフセット印刷を選択することができる場合はあります。最低部数は業者にもよりますので、問い合わせしてみましょう。

オリジナル紙袋は、店名やイメージキャラクターをあしらってオシャレなデザインにすることで日常でも使ってもらえます。開店記念のノベルティグッズにすると宣伝効果もあります。