簡単なデザインならフレキソ印刷がコスパ抜群!?

フレキソ印刷は料金が安い?


フレキソ印刷はオフセット印刷よりも安価で刷ることが可能です。その理由は印刷工程がオフセットよりも少ないから。オフセット印刷が、版からブランケットを経て紙へ刷るのに対し、フレキソ印刷は版から直接紙へ刷る仕組みです。このような点から、フレキソ印刷を選ぶ人が増えています。しかし、注意しておきたいポイントがいくつかあります。その1つは「少ない生産量の対応がしにくい」という特徴です。フレキソ印刷の機械需要はオフセット印刷よりも少ないため、少量生産ができる会社はほとんどありません。フレキソ印刷に対応する多くの企業が、大量生産用の機械を有しています。つまり大量に紙袋を作りたい人に、フレキソ印刷が適しているでしょう。

簡単なデザインであれば、綺麗に印刷できる


フレキソ印刷は細かいデザインや、ドットなどは刷りにくい傾向です。またグラデーションや、色を混ぜ合わせるといった印刷も難しいとされています。けれども、単色や簡単なデザインには適しているのだとか。単色のデザインである場合「オフセットよりもフレキソの方がツヤが出て良い」と考える業者も多いです。版には弾力があるので、ダンボールのような凹凸のある紙や、布などの素材にもムラなく刷ることができます。特殊な紙を使用する時にはフレキソ印刷がおすすめでしょう。フレキソ印刷の機械技術は年々向上しており、少しずつ高精度の印刷もできるようになっています。会社によって設置している機械、性能が違うため「自分のニーズに合った場所」で印刷を検討しましょう。

インターネットで簡単に、手提げ袋に印刷のオーダーが出来、オリジナル紙袋が作成できます。少ない枚数からでも注文可能なので、個人でも注文できます。